参考文献

  1. 荒木日出之助、河合清文、大野秀夫、東郷実昌、矢内原巧. 思春期の身体・骨盤発育とその背景因子. 産婦人科の実際. 1985;34(12):1927-1936.
  2. 大沼靖彦. 女性骨盤の発育と性機能成熟との関係について. 日本産科婦人科學會雑誌. 1977;29(9):1065-1073.
  3. 高橋尚彦、柳澤隆. 近年の妊娠骨盤形態の特徴について20年前との比較検討. 母性衛生. 1985;26(2):269-274.
  4. LaVelle M. Natural selection and developmental sexual variation in the human pelvis. AM J Phys Anthropol. 1995;98:59-72.
  5. Stewart DB. The pelvis as a passageway. I. Evolution and adaptations. Br J Obstet Gynaecol. 1984;91:611-7.
  6. 林泰史. 骨の健康学. 岩波新書. 1999年.
  7. Eich GF,Babyn P,Giedion A. Pediatric pelvis: radiographic appearance in various congenital disorders. Radiographics. 1992;12:467-84.
  8. 土谷澄、橋本セキ、伊藤一生、石橋尚美、行侍慶子.骨盤計測による女子生徒の発達過程に関する研究. 関西医大誌. 1961;13(2), 349-352
  9. 渡辺鑑江. 発育に伴なう骨盤腔形態変化のレ線学的研究. 民族衛生. 1961;27(2):130-156.
  10. 増崎英明、後藤英夫、山辺徹. 非妊婦および妊婦における骨盤外計測とX線骨盤計測の比較. 周産期医学. 1991;21(6):893-897.
  11. 村瀬訓生、勝村俊仁、上田千穂子、井上茂、下光輝一. 身体活動量の国際標準化. -IPAQ日本語版の信頼性,妥当性の評価-厚生の指標. 2002;49(11):1-9.
  12. 東郷実昌、中山徹也、荒木日出之助、鈴木和幸.小児・思春期における身長・骨盤発育と親の身長の関係.昭和医学会雑誌.1988;48(2):215-232.